がんから復帰を少しでも早くするために

がんの手術後、長い間社会復帰できないこともあります。
しかし、リハビリ次第で早期に復帰できることもあるので、決して諦めてはいけません。
自分ががんであることが分かったら、色々なことを調べることになります。
しかし、リハビリについてしっかり調べる患者は多くありません。
ですが、リハビリは欠かせないものなので、知識は得ておきましょう。
リハビリはチームで行われ、それぞれの役割は決まっています。
リハビリ医、または主治医が患者の身体の状態を確認し、筋肉や嚥下に関わる検査を行います。
その後、リハビリのプログラムをつくり、それぞれのスタッフに指示するわけです。
実際にリハビリを指導するのは、主治医ではありません。
作業療法士や理学療法士、言語聴覚士などです。
また、口腔ケアも重要になります。
なので、口腔ケアチームとの連携も欠かせません。
歯科衛生士から歯磨きなど、口腔内の手入れの仕方をしっかり教えてもらうようにしましょう。

入退室管理
機械で行うことで確実性が上がります

一万台を超える実績で職場の空気を改善

経営者の方のお悩み相談承ります。

最新記事