熱中症を予防するために気をつけたい点

夏は気温が高くなりますが、特に子供がいる家庭なら山や海といったアウトドアでレジャーを楽しむことがよくあるかもしれません。
そんなときいくつかの点に注意しておけば、熱中症にならずにレジャーを楽しむことができます。
また熱中症は外で起きるだけではなく、室内でも発症することがあるため注意が必要です。
熱中症を予防するためには、衣類の中に熱をためこまない風通しの良い服装を着ることをおすすめします。
通気性や吸収性の良い生地でつくられた機能性を持つ衣類が販売されているため、そのような服を利用すると便利です。
また戸外では直射日光に当たらないように日陰を歩くように心がけ、帽子や日傘を利用するように心がけます。
さらに喉が渇いたと感じなくてもこまめに水分を補給し、戸外でのハードな運動は控えます。
急に気温が上がったときには体が慣れにくいため特に気をつけるようにします。
睡眠不足などで普段とは違った状況であるときには、体調がよくないことを自覚する必要があります。